Twitterで有志で製作している「奈々ジャージ」、およびジャージ所有者で結成しているnm7 Racingのための専用ブログ。Twitterにおける専用アカウントは「@nm7_Racing」です。


by nm7_racing
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:走行記録(Kou)( 4 )

九州をフラフラと

どうもお久しぶりです。nm7Racingのお色気担当(?)、Kouです。
先日は御茶ノ水での飲み会にお声かけ頂きありがとうございました。Indigoくん始めメンバーの方々と久しぶりに話せて楽しい時間でした。まずはテンプレ通りご挨拶の程…笑

さて今回は部の合宿で九州の方をフラフラと2週間ほど走ってきました。
取りとめのない文章ですがお時間の許す方は是非お目通し頂けると嬉しいです。

More
[PR]
by nm7_racing | 2014-04-15 00:30 | 走行記録(Kou) | Comments(0)
こんにちは。ファストランの反動で自転車へのモチベーションが下死点に達しているKouです。

雨が多く自転車乗りには不満が溜まりやすい時期ですね。とはいえいよいよLIVE CIRCUSの開幕を目前に控え高揚を隠せない奈々さんファンの方も多いのではないでしょうか。今回はツアー開幕の地愛媛に合わせ、愛媛県新居浜市での巡礼ライドを記事にしたいと思います。

愛媛県新居浜市の説明はもはや必要ありませんね。遠い母の故郷を自転車で駆る、自転車乗りとしてこんなにも胸の高鳴るイベントはなかなか無いことだと思います。
巡礼したのは3月なのですが不精な性格が影響して記事にするのがこんなにも遅れてしまったのは意外と知られていない話…。まぁ3月も7月も同じ奇数だし似たようなもんだな??

そんなわけで迎えた新居浜聖地巡礼ライド。前日は伊予に宿を取っていたのですが、1人で回るのもなんだかな…という気がしてフォロワーのみゅうさんに一声。快諾していただき2人で走ることに。当日は恒例の寝坊をブチかまし急いで出発。途中新居浜市に入る看板を目にし記念に一枚。
a0300435_232080.jpg


再び追い風の力を借り無事新居浜駅に到着。みゅうさんと合流です。強風の中奈々ちゃ―にゆかりのある場所を1時間半ほどでサクサクとまわり再び新居浜駅に。
a0300435_2324874.jpg


残すはマイントピア別子のみ…という感じだったのですが雲行きがかなり怪しいことに加え、当日中には山を越え高知に向かわねばならなかったため泣く泣く断念。みゅうさんにお礼を言い新居浜市をあとにしました。ちなみにこの後の山越えで豪雨に遭うのはお約束…
a0300435_2331769.jpg


北には海、南には山……新居浜市は朗らかで優しい空気の土地でした。小さな四国にはとてもとても大きな魅力が詰まっていました。ツアー開幕に伴い再びこの地に足を運ぶのかと思うと胸が高まります。会場では記念撮影等も企画されているみたいで今から楽しみな限りです。僕は新居浜で母の実家に挨拶してから向かうので少々遅れそうですが、当日会った際にはよろしくお願いします。みなさんに逢えることを心から楽しみにしています。

*当記事中に水樹奈々さんを母とする記述がありますが実在の人物・団体等とは一切関係のないフィクションではありませんスーパープライマリ大正義お母さん水樹奈々ちゃん!(もうダメだなんとかしてください
[PR]
by nm7_racing | 2013-07-05 23:04 | 走行記録(Kou) | Comments(0)
5月11日に東京糸魚川ファストランに参加してきました。貧脚女子大生が少しだけ頑張っちゃった物語です。

「太平洋の水を日本海に混ぜたらどうなるのだろう?」(どうにもなりません)
とある大学生の素朴な疑問をきっかけに始まったこのライド。年ごとに多少のルート変更がなされるものの基本的には東京都八王子市から新潟県糸魚川市までのおよそ300kmを可能な限り早く走破するイベントです(TLで異常な人たちと接しているおかげで300kmがそれほどの長距離に感じないのは幸い?)。何を隠そう上記の疑問を抱いてしまったおちゃらけ大学生こそが僕の通っている大学のOBでして…競技部ではないうちの部でも恒例のイベントとして残っているんです。

a0300435_2373787.jpg
(江の島あたりで取ってきた太平洋の水を持って走ります 笑)

レースではないにしろ、順位やリザルトが出るイベントということで普段はゆるぽたらーの僕も少しだけやる気の模様。当日は雨予報のため背中のポケットにレインウェアを忍ばせ集合地である多摩御陵へ。当日までの最長ライドは240km。どんなライドになるのか正直検討がつかなかったため目標タイムは13時間に設定。うちの部では珍しく競技志向でレースにも頻繁に参加しているS先輩と一緒にスタート。

東京糸魚川FRは緩く登っているか下っているかという感じのルートです。S先輩はとにかく登りが速い先輩で僕とかなりの実力差があるのですが、ダウンヒルと平地での協調を考慮し登りでは随分牽いてもらいました。

当日は僕もそこそこの調子だったんですが80km地点あたりから予報通り雨雨雨。120km地点で富士見峠に差し掛かるあたりでは土砂降りになっていました。事前に思っていた通り富士見峠と塩尻峠の連続区間が文字通り山場でした。もはやレインウェアの意味なんか全くないような雨の中160km地点にあるCPになんとか到着。ここで部内1位が狙えそうなタイムであることを知らされます。雨の中長居しても仕方がないので補給と簡単なストレッチを済ませ再び出発します。

ここからは大好きな下り基調。こまめにローテを繰り返しながら巡航速度の向上を図ります。223km地点の大町が最後のCP。ここでiphoneの故障が発見されるもののタイムを優先し早々に出発。白馬の登り返しを狂ったテンションでやり過ごしたらあとは日本海までダウンヒルです。とはいえ日本海までは路面の悪い洞門やスノーシェッドが多く、濡れた路面では一層の危険が伴う状況。疲労も重なる中最大限の注意を払い日本海を目指します。

50km程の下りを終えいよいよ眼前に広がる日本海。国道8号にぶつかり右折したらあとはゴール地点の交差点まで日本海に沿って3km。ここまで291kmを共にしてきたS先輩との協調もいよいよ終わり1つでも高い順位を目指し探り合いです。残り800mを切ったであろうところで飛び出した先輩の前には出られず、2秒差でゴール。部内2位のタイムで無事完走です。

a0300435_2365814.jpg
(雨で水没したためカメラが曇ってます)

リザルト
・総距離:294.2km
・グロスタイム:11時間40分27秒
・ランタイム:9時間57分
・ave:29.5km/h
・グロスave:25.2km

結局終わってみれば当初の目標タイムを大幅に上回る形で完走。レース志向は弱い僕ですが、より速く走る楽しさみたいなものも見出すことができ大きな自信にもなりました。一方で反省すべき点も多く、これからの課題もたくさん見つかりました。とはいえいつかはチャレンジしたいキャノンボールに向け1つのステップになった気がします。ファストランの反動で6月の走行距離がガッツリ減ってしまったことは秘密…。それではまた。

Kou
[PR]
by nm7_racing | 2013-07-04 23:15 | 走行記録(Kou) | Comments(0)

しまなみ海道へ

皆さんこんにちは。まずは今回素晴らしいジャージの企画を立ち上げ、諸々の環境づくりに尽力してくれたIndigo氏に一言お礼を。ジャージは勿論、素敵な繋がりができ非常に嬉しく思います。ありがとう。

走行記録が気になるかと思いますがその前に軽く自己紹介を。東京で自転車ツーリングのサークルに所属しているキモータ大学生…というのは言うまでもなく仮の姿。真の姿は水樹奈々さんの嫁を務めるnm7Racingの貧脚担当女子大生、Kouといいます。以後(があるのか不明ですがw)よろしくお願いします。

さてさて前置きが長くなりました。怒られる前に走行記録に移ろうと思います。
当方今回はサークルの四国合宿の一環としてしまなみ海道を走ってまいりました。とは言ったものの皆さんご存知の通り3/3には水樹奈々さんの座長公演があり僕は後走合流という形に。

座長公演ですが個人的にはHappy☆Go‐Round!!が非常に印象強く特にCメロの“胸のスイッチ~♪”の後追いコールが楽しくて、はぁ…奈々ちゃんの平らな胸にほっぺたこすり付けt(ry

合流地は高知だったのですがせっかく四国に行くのにしまなみ海道を走らない選択肢は無いな…と思い1人で海を渡ることに。当日は晴天で暖かな風!絶好のサイクリング日和です。
海道当初は道に迷ったりしましたが気持ち良く走れます。しまなみ海道には処々に自転車乗りのための休憩所が設けられており、そこで親切なおじいさんに写真を1枚とって頂きました。
a0300435_0283891.jpg


この1枚の対価が意外に重く、おじいさんの長話に付き合わされて随分と時間をロスしたのも終わってみれば笑い話。行く先々で出会った人々との交流も自転車の醍醐味の1つですね。

おじいさんの長話が終わりのろのろと。次に停まったのはTwitterのフォロワーさんのエリート君(知っている人も多いんじゃないかな?)にお勧めされたアイス屋さんドルチェ。伯方の塩バニラと伊予柑のソフトクリームはさっぱりとした甘さでとても美味しかったです。
a0300435_0305646.jpg


アイスでお腹を膨らませ再び走りだす貧脚Kou。島々を渡るための橋を迎える度に現れる地味なアップダウン、在宅ついったらの女子大生の細い脚には少々キツいです。暫く走り若干のバテも感じてきたため海道後半の休憩所で軽食をとり、併設されていた売店でお土産を購入。奈々クラ公認焼き鳥ご当地ゆるキャラが饅頭になっていたため配送しました。
a0300435_0333957.jpg


そこからは程なくして今治に。自転車屋に寄り諸々の装備を整え直し、無事宿をとっていた伊予に到着。当初の予定からはかなり遅れましたし体力も削られましたが気持ち良かった(隠語感)ので良し。しまなみ海道は自転車乗りなら一度は走っておくべき絶好のスポットだと思いますので機会があれば是非。

長くなりましたがこの辺で。ありがとうございました。


Kou

伊予で目にした青カンに映るあの土地の話はまた少し後…to be continued
a0300435_0345957.jpg

[PR]
by nm7_racing | 2013-03-18 00:50 | 走行記録(Kou) | Comments(0)